薄毛治療・勃起不全治療の渋谷ウエストクリニック

バイアグラについて

  • HOME »
  • バイアグラについて

バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル)

バイアグラは米ファイザー社によって開発された世界初の経口ED治療薬で1998年3月に米国FDAで承認されました。狭心症の治療薬を開発中に勃起作用が発見されたというエピソードもあります。国内でバイアグラは1999年3月に日本ファイザー社から発売されました。バイアグラの出現前には経口ED治療薬というものは存在しなかったので、 ED治療はバイアグラによって革命的な局面をむかえました。現在バイアグラは世界120カ国以上で承認され広く普及しており、世界で3500万人の男性が使用しています。 ファイザー社の資料によると1秒間に6錠のバイアグラが処方されていると推計されているそうです。バイアグラはPDE-5阻害剤と呼ばれるED治療薬で、 作用機序は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑える(阻害する)ことによって、 勃起の持続力を促すというものです。その後、バイアグラと同じPDE-5阻害剤という系統のED治療薬はレビトラ、シアリスと増えていきましたが、 バイアグラは現在でも世界で最も知名度があり人気の高いED治療薬です。服用して1時間くらいで効き始め4時間くらい効果は続きますが、 刺激に対して反応しやすくなる薬ですから勃起したままになるのではありません。バイアグラは生活改善薬ともいえる薬ですが精力増強剤ではありません。 バイアグラは陰茎海綿体に直接作用するもので性欲には影響なく精力が強くなるというものではないのです。バイアグラの成分であるクエン酸シルデナフィルは肺高血圧症にも適応が認められ、 現在、その治療薬としても使われています。

輸入品バイアグラ100mgは国内未承認薬

バイアグラを個人輸入で入手する方は多く、国内でもそれが人から人へと大量に出回っているようです。問題は個人輸入品のバイアグラには偽物が多いことで、 日本ファイザー社の実態調査によると個人輸入の80%が偽物という分析結果がでています。偽物は外見だけで真贋を見分けることはできないほど精巧に作られています。偽物はどこで製造されたものかまったく不明で、成分や製品の製造過程に問題があることが多く、 健康被害のおそれがあることから日本ファイザー社も偽バイアグラに注意を喚起しています。国内でバイアグラは50mgの錠剤までしか承認されていませんが、輸入品は100mgの錠剤が主流です。大きい錠剤100mgのバイアグラは国内医療機関のものではない証のようなものですから注意してください。この100mg錠は割って使うのが一般的ですが、国内純正品50mg錠は割らないで服用します。 医療機関で処方された安全な純正バイアグラを安心して使ってください。

ED,AGA関連ページ

フリーダイヤル: 0120-742-783 (ナシニナヤミ) TEL 03-6416-1964 月-土曜日 11:00~19:00
日曜,祝日  休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ED, AGAの渋谷ウエストクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »