未承認薬にご注意

渋谷ウエストクリニックでは厚生労働省承認薬のみ取り扱っています。未承認薬とは海外では承認、販売されているが日本では承認、販売がされていない薬剤、海外でも日本国内でも承認されていない薬剤を指します。適応外薬とは日本でも海外でも承認、販売されているが適応症が異なり日本では一部の適応症に使用できない薬剤のことです。

医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬ではないのに個人輸入(輸入代行含)や医師による薬監証明により個人輸入された医療用医薬品には諸問題があります。

● 偽造品のリスク
多くの個人輸入薬で儀送品が確認されています。
● 著作権や販売権侵害の恐れ
国によりバイアグラ、レビトラ、シアリスとそのジェネリックにおいては、製造メーカーと販売者が異なる場合があります。
● 健康被害を及ぼす可能性のある含有物
滋養強壮、精力増進などを標榜した食品や医薬部外品でも成分表示と異なる製品が確認されています。
● 含有物に違法薬物が混入している場合は別のリスク
日本の法律に抵触する物質が含有されている場合は更に厄介なことになります。
● 副作用被害にあった際の医薬品副作用被害救済制度は対象外
厚生労働省が承認した承認薬で副作用被害が認められた際に利用できる制度です。製品名、含有物、含有量が同じでも海外で取引されたものには適用されません。
● クレジットカード等の二次利用被害のリスク
など

正規品

「正規品」という正規表現はありません。海外承認薬か承認薬(国内)となります。医療機関や薬局が使用している場合はわかり易く解説する目的です。通販業者(輸入代行業者)が使用することがありますが使用意図としては含有物含有量が同じだということです。名称、含有物、含有量が同じでも国内で承認されている製造元と販売元が同一でなければ承認薬と記すことができないためです。一見同一薬剤と思っても、医薬品副作用被害救済制度は利用できないわけです。

未承認薬の一例

当院で取り扱わない未承認薬の中でも問い合わせが多い薬品名を表示しています。
ミノキシジル(経口薬)※外用薬は承認薬、ステンドラ(アバナフィル)、プリリジー、カマグラ、カマグラゴールド、スーパーカマグラ、カマグラ発砲錠、、カマグラチュリブル、バリフ、タダシップ、カマグラオーラルゼリー、スーパータダライズ、メガリス、スーパーPフォース、タダリスSX、ビリトラ、ビダリスタ、スーパージェビトラ、ゼネグラ、スハグラ、ジェビトラ、スーパービダリスタ、カベルタ、アバナ、シラグラ、タドラ、セビトラ、ビダリスタチュアブル、フォーゼスト、アスランス、ビゴラ、タダポックス、ズデナ、Vタダ、シルディグラスーパーパワー、スーパーフィルデナ、スーパービリトラ、スーパーアバナ、タスティリア、ジマリス、シログラ、ベガHクリーム、ザイデナ、パルモプレス、エキシラー、ベガ、ぺネグラ など

承認薬・未承認薬の確認

医療用医薬品 情報検索
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuSearch/

検索結果が確認できない場合は未承認薬となります。