ED,AGAの渋谷ウエストクリニック

ザガーロについて

  • HOME »
  • ザガーロについて

ザガーロ(デュタステリド)について

プロペシアに次ぐ新AGA治療薬です。ザガーロはAGA「男性型脱毛症」の治療薬としてグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が開発したデュタステリドという成分の飲む発毛薬です。ザガーロはプロペシア(フィナステリド)に次ぐ第二のAGA治療薬です。AGAとは成人男性によくみられる額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる状態のことです。ザガーロの成分デュタステリドは前立腺肥大の治療薬として2009年に厚労省の承認を得ており、アボルブという薬品名で国内で使用されていますが、2015年9月に新たにAGA治療薬としての承認が下りました。ザガーロとアボルブは名前が違いますが成分は同じデュタステリドです。デュタステリドは前立腺肥大の治療薬として2009年からすでに7年以上も国内で使用されており、同成分のザガーロは全くの新薬ではないので安全性は高いといえます。

ザガーロの作用と効果、プロペシアとの違い

作用はプロペシアと同じくAGAの原因になっているDHTの生産にかかわる5α-還元酵素の作用を抑えるものですが、プロペシアが5α-還元酵素のⅡ型のみしか抑えられないのに対して、ザガーロは5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を抑えることができるため、プロペシアよりすぐれた発毛効果を期待できることです。臨床試験においてザガーロ0.5mgはプロペシア1mgの 約1.6倍の発毛効果があると報告されています。

ED,AGA関連ページ

フリーダイヤル: 0120-742-783 (ナシニナヤミ) TEL 03-6416-1964 月-土曜日 11:00~19:00
日曜,祝日  休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ED, AGAの渋谷ウエストクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »