男性の閉経:症状、診断、および治療

更年期障害は女性だけに起こるものではありません。「アンドロポーズ」または「男性の閉経」は、加齢に伴い男性の体内でホルモン量の変化が生じることです。すべての男性がここで問題が生じるわけではありませんが、一部の男性は肉体的および精神的に大きな影響を受ける可能性があります。*このページでは男性の更年期障害を「男性の閉経」または「アンドロポーズ」と表現することがあります。

「アンドロポーズ」または「男性の閉経」は両方とも、男性の加齢に伴うホルモンの変化を説明するために使われる用語です。男性の一生のうち、ある段階において起こるこの状態は、テストステロン欠乏症、アンドロゲン欠乏症、および遅発性性腺機能低下症として知られています。どの用語を使用する場合でも、男性の更年期障害として、50歳以上の男性のテストステロンの低下と同様の症状が含まれます。女性が経験する更年期障害とは異なり、男性の更年期障害はすべての男性に影響を与えるわけではありません。

テストステロンとは? 男性の閉経の原因

テストステロンは、思春期に男性が経験するすべての身体的変化(いわゆる男らしさ)の発現のもととなる性ホルモンです。

・体毛の成長
・声変わり
・性機能の成熟
・筋肉量の増大

生後、半年くらいにかけ男児にはテストステロンのレベルが高まる時期があり、これが性差を決めます。のちの思春期までは男女にテストステロンの差はあまりありませんが、思春期に男性ではテストステロンが再び増加し、大人の身体が完成することになります。男性の身体の成熟に重要なはたらきを持つホルモンです。

男性の閉経はテストステロンの減少によって引き起こされます。性腺機能低下症は、テストステロンレベルの低下の一般的な原因であり、この状態は何年も続くか、生涯続く可能性があります。

男性の閉経の症状

テストステロンは思春期の身体の変化に必要不可欠なホルモンであり、男性の性欲や精神的および肉体的エネルギーのもとになります。性的な衝動はテストステロンの作用によるものです。異性を惹きつけると言われるフェロモンを匂いとして発生させ、興奮作用をもつドーパミンという神経伝達物質を増やします。また、勃起中枢や骨盤神経叢に作用して勃起をひき起こすなど、男性がセックスを完遂するために欠かせない物質です。この性ホルモンはまた、攻撃性や決断力などといったいわゆる男性らしい志向をもたせ、筋肉量を維持するはたらきがあります。男性の閉経の主な原因はテストステロンのレベルの低下であり、これは体内で多くの顕著な問題を引き起こす可能性があります。

・活力の低下
・体脂肪の増加
・自信がなくなる
・性欲減退
・骨格筋量の減少
・集中力の低下
・うつ病
・睾丸のサイズの減少
・体毛がうすくなる
・骨密度の低下
・勃起不全

これらの症状は加齢と共に悪化しますが、これはすべての男性に当てはまるわけではありません。 女性の更年期障害とは異なり、男性のテストステロンの低下で生殖機能がなくなるわけではありませんが、結果として満足な性的活動を行えなくなる可能性があります。

男性の閉経の診断

簡単な血液検査で体内のテストステロンのレベルを測定でき、診断されたら治療を開始できます。ほとんどの場合、男性の閉経の治療は生活の質を回復するのに役立ちます。誰にでも起こりうることなので、恥ずかしがらず率直に医師と話し合うことです。診断と治療がなければ、症状は残り、いたずらに時間を浪費することになります。

男性の閉経の治療

男性の閉経はホルモン補充療法が主に行われます。これは通常、日常生活が満足に機能しないと思われる場合にのみ試行されます。ホルモン補充療法には合成テストステロンの使用が含まれますが、男性のホルモン補充療法と前立腺がんのリスク増加との関連性が示されているので、採用にあたっては注意が必要です。ホルモン補充療法は次のような形で受けることができます:

・錠剤
・皮膚にあてるパッチ
・局所用ジェル
・注射

治療計画を決定する前に、必ずすべての選択肢について医師と話し合いましょう。性腺機能低下症の場合、ホルモン補充療法が最も効果的かもしれません。 抗うつ薬の使用も、男性の閉経の症状のいくつかを改善するのに用いられます。

男性の閉経でとるべき食習慣

男性の閉経を治療する食事療法といえるものは特にありませんが、食べるものはテストステロンレベルに影響を与える可能性があります。 テストステロンレベルを自然に高め、同時に全体的な健康を改善することがわかっている成分を含む特定の食品があります。

これらを食事に加えると、男性の更年期障害を予防したり、症状を軽減したりするのに役立ちます。

・マグロ:テストステロンの生成に関連しているビタミンDが豊富に含まれています。

・卵黄:テストステロンの生成を促進するビタミンDも豊富に含まれています。 コレステロールに問題のある男性は、卵黄の消費を1日1回に制限したほうがよいかもしれません。

・強化シリアル:全体的な健康状態とテストステロンレベルを改善するために、ビタミンDやその他の心臓に健康的な栄養素が含まれています。

・豆:心臓に良い植物ベースのタンパク質であり、テストステロンを高めるために亜鉛とビタミンDも豊富に含まれています。

・甲殻類またはカキ:は、性ホルモンに関して不可欠な栄養素である亜鉛でいっぱいです。

・牛肉:テストステロンを高めるいくつかの栄養素が含まれています。 牛レバーにはビタミンDが豊富に含まれており、牛ひき肉には亜鉛が含まれています。 心臓の健康を守るために、なるべく赤身を選びましょう。

男性の閉経に対し自ら行える対策

生活習慣の改善は、男性の閉経を治療するための一般的な方法であり、効果的であることが証明されています。わかってはいるけれど、実行されていないことが多いということは、試す価値があるということです。

・健康的でバランスの取れた食事をとる
・定期的な運動をする
・ストレスレベルを下げる
・毎晩十分な睡眠をとる

男性が実際にこれらを実行したとき、全体的な健康の改善と男性の閉経に関連する症状の減少がみられました。生活習慣の改善に加えて、DHEA、アシュワガンダ(ハーブの一種)、ショウガなどのハーブサプリメントが、加齢に伴うテストステロンレベルの調整に効果的であることもわかっています。

男性の閉経に関する統計

・60歳から70歳までの男性の約30%は、テストステロンのレベルが著しく低いです。

・70歳から80歳までの男性の70%近くは、テストステロンレベルが著しく低いです。

・性腺機能低下症は、テストステロンレベルが低い男性の3〜7パーセントに見られます。

・肥満は男性の閉経と強く相関しており、肥満の男性はテストステロンのレベルが63%低くなっています

・過度のアルコール摂取は、テストステロンレベルの19〜27パーセントの低下を引き起こします。

男性の閉経に対し何をすべきか

テストステロンは男性の体の重要なホルモンであり、レベルの低下は身体的および心理的に重大な影響を与える可能性があります。加齢に伴う通常の量を超えるテストステロンレベルの低下があるのでは?と思ったときは医師に相談しましょう。治療の恩恵は必ず受けられるので、まずは相談することを恥ずかしがらないでください。 男性の閉経の症状は管理可能であり、何歳であっても、症状を改善し、生活の質をより良くするための取り組みを医師と共に行うことができます。

男性の閉経:更年期障害(加齢性腺機能低下症、LOH症候群)

出典:ONEMD